老後に備えてホップ!ステップ!ジャンプ!

3人の子持ち50代のシングルマザーです。100歳までどうやって生きていくか日々考えてます。

MENU

現役時代に少しでも収入を増やす努力をしましょう。

スポンサーリンク

こんばんは。

収入を増やす

老後の年金額がわかり、それだけでは生きていけないことがはっきりしました。足りない分は貯めるしかない!

まず、少しでも給与収入を増やす。

それでも足りなかったらなるべく長く働く。

できるなら副業をする。

それと同時に貯めたお金を殖やす。

資格を取る

収入を増やすとなれば、まずは資格取得ですね。

今は就職する際、ExcelやWordは必須のようになっていますよね。

私は以前から、働きながらExcelやWordの資格、簿記二級などを取得してきました。 

残念ながら我が社では、それによって手当が増えたとかはありません(泣)。でも確実に仕事の内容には貢献しています。取って良かったと本当に思います。

電卓とペン

今勉強していること

今はExcelのVBAを勉強中です。もうすぐ60歳になるのに頑張ってます(自画自賛)。少しでも増収に繋がればいいなぁと思っています。

実際、自分の仕事が格段にやりやすくなりました。今は作っていただいたマクロを少しづつ手直しして使っていますが、それが自分で作れるようになるのは本当にすごいことです。楽しみです。

表面的には増収にはつながっていませんが、仕事での評価にはつながっていると信じています。いつか私が辞めた時、「惜しい人を失った」と言わせたい(笑)。

仕事に必要な資格、取りたいと思った資格、ちょっと上を目指した資格、取れる時に取っておきましょう

副業するということ

私は、副業しながら子供たちを育ててきました。子育てが終わった今も続けています。

正業での残業が少ないという環境なので出来る事ですが、仕事をいただける間は頑張りたいと思います。。

そしてまた、ブログというもので収入を得られるという話を聞き、挑戦しています。全然受かりませんが(泣)。

最初は少額でもいい、それぞれ出来ることをやりましょう。

空に向かって咲くひまわり

60歳という年齢 

当初、65歳まで働くのが一般的だと思っていたので、8年計画を建てていました。でも、60歳定年で、65歳まで1年更新の再雇用ということがわかりました。

再雇用で嘱託社員になることによって、お給料も下がるようです。以前は60歳から年金をもらえていたので、その名残なのでしょうか。

調べたらあちこちで裁判が起こっています。若い人の雇用を考えたら高齢者の給料を減らすこともやむなし。でも年金制度が。。。とかなり難しい問題ですね。

やっぱり、自己防衛できることはやっておかないといけませんね。

「60歳という年齢は、まだまだ現役です!」と言えるようになりたい。

 

どこかで、90歳のおばあさんが「60歳でバイオリンをやりたいと思ったときにやっておけば、30年はできたのに」と語った話を見ました。

やりたいと思った時が始める時ですね。